ホンダ車
買取相場例

オートスピリットでは、ホンダの人気車種の車査定を強化中。
ご売却をお考えの方は是非査定依頼ください。

フィット ハイブリッド
ホンダの小型ハッチバック車フィットのハイブリッドモデル。センタータンクレイアウトの採用で広い室内空間の確保や比較的廉価な価格設定でお求め易く、人気の高いモデル。

フリード ハイブリッド
コンパクトミニバンでは唯一のハイブリッドモデル。独自のハイブリッドシステムによる低燃費やIMAバッテリーの採用による居住空間の確保等ホンダらしいパッケージングが感じられるモデル!

オデッセイ
大人数乗車や広大なラゲッジ、更に乗用車にも引けを取らない動力性能とスポーテイ性、正しく日本のミニバンの礎となるモデル!

フィット
走行性能と低燃費を両立したコンパクトカーの新定番モデル!センタータンク構造による広いラゲッジと室内空間も人気の秘訣です。

CR-V
開放的な室内空間を有する安価なSUVから世界市場へ向けて欧州車高級SUVへのステップを確実に駆け上がっているモデル

N BOX
ホンダ初の量産4輪モデルのN360の「N」をモチーフに元F1チームを中心に開発、また人気のCMデイレクター佐藤可士和氏の広告戦略も注目された

N ONE
N360の再来・・・というモチーフにて登場したモデル。アイドリングストップシステムやエマージェンシーストップシグナル、ヒルスタートアシスト機能等も全車に標準装備している。

N WGN
ホンダのNシリーズ戦略の4番手にあたるモデル、軽自動車の新しいベーシックを目標とし、低燃費化や安全性能を追加させた最新モデル

ステップワゴン
色々なシーンでステップアップ出来たら・・という願いを込めたネーミングから家族を常にキープコンセプトし、低床化、低重心化による安定したハンドリングを具現化したミニバンのトップモデル。

フィットシャトル
2代目フィットをベースとしたエアウェイブの後継車にあたるフィットシャトル。 「コンパクトカーの常識を超える価値の創造」をコンセプトとしスペースを最大に、メカニズムは最小にを実現した。

NBOX+
「New」「Next」「Nippon」「Norimono(乗り物)」のキャッチコピーで人気のNシリーズ第2弾である。 Nシリーズのなかで荷室容積に特化したモデルである。

ヴェゼル
3代目フィットをベースに作られたヴェゼル。売れ行きランキングでも上位10位以内に入るなど、大いに人気を出してきました。内装の高級感あふれるタッチ式エアコンなど最新技術が入っています。

フリードスパイク
「free(自由な)+do(行動する)」と「タフで機能的」というを 意味持つコンパクトハイトワゴンのフリードスパイク!広大な室内空間 が多彩な使い方を想像させ日常をアクティブにさせる。

ライフ
ホンダの人気軽自動車ライフ。初代はバン、セダン、ツーリングの3種類を発売していた。長い間時を経て、2代目ライフが誕生した。背の高い軽自動車としてカーオブザイヤーも受賞し、不動の人気を作り続けていた。

アコード
「アコード」 1976年に登場してから今もなお進化を続けるロングセラー車種である。 ホンダのアッパーミドルクラスに位置付けされており、初代アコードは90カ国に輸出された。 セダン・クーペ・ワゴンと幅広いラインナップもアコードの魅力の1つだろう。

インサイト
1997年に初代インサイトを発売し、特徴的な後輪タイヤが隠れるほどのリアホイールスカートでレーシングカーさながらの外観である。空気抵抗低減のためのデザインでハイブリットカー市場に影響を与えた!

バモス
初代バモスはオープンタイプの軽トラだったが、不人気で生産中止。そこからストリートの後継としてホンダバモスを復活させた!競合車種と比べるとロールーフなのが大きな特徴だが、この車に関しては15年間フルモデルチェンジしていないロングランモデル!

ストリーム
車名の由来は『流れ』等の意味をもち、7人乗りの潮流を創り出すという意思を込めている。初代は日本カーオブザイヤー受賞していて、発売から10か月で累計販売台数が10万台を超え、ホンダ登録車では最短記録を樹立した。

フリード
モビリオと同スパイクを統合した後継車として室内空間はミニバンサイズ、外装はフェイスがエリシオンと似ているが機能的かつシンプルなデザインで実際の背格好よりもゆとりを感じさせるデザインである。

エリシオン
ホンダの上級ミニバンとして発売されていて、ラグレイトの後継車として大海原を疾走するクルーザーをモチーフにデザインされた車種である。低床プラットフォームを新たに開発し使用していることから、ミニバンでも安定的な走行性能を誇っている。

アコードツアラー
アコードのワゴンタイプとして、当初はアコードワゴンとして呼ばれていたが、途中からアコードツアラーとして呼び名を変えている。3代目までは通常のワゴン車と違い直立のリアゲートを使用しておらず、収納面で優れていた。

シビックハイブリッド
ホンダが発表した2つ目のハイブリッドカーが初代シビックハイブリッド。シビックとシビックフェリオをベースに設計されて、駆動の違いなどで差別化を図った。2代目では「3ステージi-VTEC」を搭載し、初代モデルから大幅にスペックが向上した。

ザッツ
ザッツはHONDAから発売されていてトールワゴン軽自動車であり、3代目ライフのプラットフォームを生かし生産されていた。車内空間を広く保ち、ライフとの差別化のためシートには車名のついたタグをつけるなどをしていた。

クルマ高価買取 高い査定金額は当たり前。オートスピリットは必要書類確認後、即買取 いたします。 オートスピリットはすぐお支払い オートスピリットは手続きが楽 オートスピリットは全国買取

かんたんネット査定 24時間受付無料 お車の情報とお客様情報をフォームに入力するだけですぐに査定依頼ができます。

  • 1.メーカーを選択

  • 2.車種を選択

  • 3.走行距離を選択