マツダ車
買取相場例

オートスピリットでは、マツダの人気車種の車査定を強化中。
ご売却をお考えの方は是非査定依頼ください。

アクセラ
世界市場を舞台に進化し続けるC-セグメントモデル。現行型はデザインテーマ「魂動 -Soul of Motion」を採用し、スカイアクテイブエンジンやディーゼルエンジン搭載と先進性にも話題を集めるマツダ代表モデル。

CX-5
正しくスカイアクテイブテクノロジーの申し子、マツダの最新技術をふんだんに搭載したクロスオーバーSUV。新開発デイーゼルエンジンは話題を集める。

デミオ
2014年4代目新型を発表、ディーゼルを搭載したコンパクトカーとして絶大な人気を誇る

AZワゴン/フレア
マツダのハイトワゴンであるAZワゴン/フレア ゆったり広々した空間とトップクラス低燃費が特徴である。 さらに使いやすさを徹底したユーテリティ性が運転することを楽しくする。

プレマシー
初代から3代目まであるマツダ人気車の一つ!2代目から3ナンバーとなり全幅が大きくなる改良を施され広い車内空間を確保しました!さらに車内の収納スペースも増え、主婦層でも使いやすく、遠出する旦那様も使いやすい車です!

フレアワゴン
スズキからのOEMを受け初代はパレット、2代目はスペーシアをベースにしている。グレードは異なるものを販売していて、外装に大きな違いはないが、リアエンブレムの位置などの若干の違いを出している。

アテンザセダン
初代から3代目まで続くアテンザセダンの歴史。国内外問わず2008年までにカーオブザイヤーをはじめ、132個もの賞を受賞している。アテンザセダンから始まるブランドフレーズ、Zoom-Zoomはここから始まった。

アテンザワゴン
カペラの後継車種として登場したアテンザ。イタリア語の「アテンツィオーネ(Attenzione) 」注目という意から造られた。その名の通り、マツダ車のなかで常に注目を集める代表車種のワゴンタイプである。

アクセラスポーツ
「Accelerate(加速する)」+「Accelerator(アクセル)」+「Excellent(卓越した)」を掛け合わせ生まれたのがアクセラ。その名の通り軽快な走りが魅力のハッチバッグタイプがアクセラスポーツである。

ビアンテ
ボンゴフレンディが販売終了してから松田は1BOXの発売をしていなかったが、競合他社が1BOXで人気を博していたため、追従すべく新型のビアンテを発売した。フロントは歌舞伎の隈取を意識したとしてかなり鋭い作りになっている!

キャロル
初代発売のキャロルは昭和37年からの発売で、当初は4ドアセダンタイプモデルで軽自動車は初の発売となりました。その後長い中断期間があったものの、マツダ車としても最も歴史の長い車両の一つとなっている。

ベリーサ
マツダから発売されている、デミオとファミリアの中間の国内専用車種として発売を開始した。デミオとの差別化としてコンパクトクラスとして異例の本革シートを採用していて高級なコンパクトカーを狙った位置づけでもある。

MPV
初代は北米向け専用車として発売した。その後に日本向けとして販売され、マイナーチェンジ後には日本使用のみアンフィニMPVへと改名している。車名の由来は自動車のスタイルの呼称をそのまましようしている車種である。

スクラム
スクラムはバン、ワゴン、トラックの3車種を発売されて、当初は長期モデルになる予定がなかった。1989年発売当初からスズキのエブリィ系が元車両となっている。スズキからのOEMに切り替わっているため稀な4兄弟車種となった。

AZオフロード
マツダブランドで発売されるAZオフロードは、スズキの軽クロスカントリー4WD、ジムニーのOEM供給を受け販売されているモデルである。 マツダの国内ラインナップでは唯一のラダーフレームを有するオフロードモデルである。

CX-7
マツダのクロスオーバーSUVのCX-7  スポーツカーとのクロスオーバーをめざしたSUVで「スタイリッシュ・スポーティ」が特徴である。2006年~2011年まで国内販売されていたがCX-5の登場により生産中止となった。

クルマ高価買取 高い査定金額は当たり前。オートスピリットは必要書類確認後、即買取 いたします。 オートスピリットはすぐお支払い オートスピリットは手続きが楽 オートスピリットは全国買取

かんたんネット査定 24時間受付無料 お車の情報とお客様情報をフォームに入力するだけですぐに査定依頼ができます。

  • 1.メーカーを選択

  • 2.車種を選択

  • 3.走行距離を選択