スズキ車
買取相場例

オートスピリットでは、スズキの人気車種の車査定を強化中。
ご売却をお考えの方は是非査定依頼ください。

ワゴンR
セダンもあるけど、ワゴンもある、ワゴンもあーる。が車名由来。軽トールワゴンの革命的モデル。新ジャンルを軽カテゴリーへ投入した意欲ある1台。老若男女の幅広い層からの支援も注目されたモデル。

スペーシア/パレット
ダイハツタントのライバルモデル、広い室内やロングホイールベース、両側スライドドア、副変速機構付CVT等が特徴で軽量化や燃費性能等の点も更に進化を遂げている

アルト/アルトエコ
スズキを代表するボンネットバンモデル。ワゴンRと並び爆発的セールスを打ち立てると同時に、ウオークスルーバンやワークス、アルトエコ等派生モデルにも注目が集まる

アルトラパン
アルトエコに続いてSUZUKIを代表するハッチバック型軽自動車。個性的なデザインで女性をターゲットに注目を集めている

ソリオ
ワゴンRワイドの後継モデルとして登場したソリオ!スペイン語で「王座」の意味を持つ。 コンパクトトールワゴンのジャンルでいち早く登場し、コンパクトトールワゴン人気の火つけ役となった車種である。

MRワゴン
スズキの軽トールワゴンMRワゴン!MRとはミッドシップエンジンレイアウトの略称であったがコンパクトなボディに見えながら広い居住性を実現しておりMRの略称は「マジカル・リラックス」に変わった。

エブリーワゴン
「どこへでも」という意味を持つエブリーワゴン。 快適な居住スペースと高い積載性を持ちながらキビキビ走れる軽快さを兼ね備える ことから「エブリー」のネーミングに偽りはない。

ジムニー
今もなお続くジムニーの40年以上の歴史。長い歴史の中でもフルモデルチェンジが2回しか行われず、同一の商品コンセプトで継続的に売られている商品に与えられる賞、グッドデザイン・ロングライフデザイン賞受賞!

スイフト
初代2000年からの発売で、現在もスズキを支えるモデルとして発売されている。ワゴンR+のプラットフォームを流用して安価な小型車を強調していた。2代目以降は全世界共通の車名スイフトとして発売されている!

エスクード
昭和63年にスズキが製造し、発売をしたエスクードは、今でこそ”クロカン”という聞いたことのある言葉だが、初めてクロカンというクロスオーバーSUVを築き上げた車となっている。車名は中南米圏での通貨単位エスクードに由来している。

キザシ
スズキのセダン「キザシ」 名前の由来は「兆し」。「世界の市場に向け、新しいクルマ作りに挑戦する兆しを見せる」という意味で命名された。2013年より覆面パトカーとして 導入され注目を集める。

ランディ
スズキが販売している”キザシ”に次いで高価な車両となっている。日産からのOEMでベースはセレナとなった。車名の通り、エブリィランディの実質的後継者にあたる。基本的にセレナとエンブレムやグリル、一部装備を除き同じようにできている。

ジムニーシエラ
ジムニーから派生して販売されたシエラは当初は軽自動車との差別化のため作られ、オーストラリア向けに売り出されていた。サムライがベースとなり、1.3Lを超えて、仕向け地によっていは維持費が高くなることもあり、1.3L未満に抑えた。

SX4
スズキのクロスオーバー車種のSX4。「クロスオーバーレボリューション」をコンセプトに お家芸のスポーツコンパクトとSUVを融合させたスズキ独自のクロスオーバーSUVである。

スプラッシュ
スズキから発売の小型トールワゴン、スプラッシュは、ヨーロッパ各国で販売されていて、2008年10月より日本での輸入販売も開始した。2代目スイフトとプラットフォームを共有していて、全高以外が一回り小さくホイールベースも少し短い。

SX4セダン
スズキのクロスオーバーSUV、SX4のセダン版がSX4セダンである。 従来のSX4の特徴を活かしながらセダンの快適性と流麗なデザインを合わせたコンパクトセダンである。

クルマ高価買取 高い査定金額は当たり前。オートスピリットは必要書類確認後、即買取 いたします。 オートスピリットはすぐお支払い オートスピリットは手続きが楽 オートスピリットは全国買取

かんたんネット査定 24時間受付無料 お車の情報とお客様情報をフォームに入力するだけですぐに査定依頼ができます。

  • 1.メーカーを選択

  • 2.車種を選択

  • 3.走行距離を選択

私たち、オートスピリットにお任せ下さい。