スバル車
買取相場例

オートスピリットでは、スバルの人気車種の車査定を強化中。
ご売却をお考えの方は是非査定依頼ください。

フォレスター
水平対向ボクスターエンジンと4WDシステムを武器にしたクロスオーバーSUVモデル。最新モデルには運転支援システム、アイサイトも搭載される。

XV
XVはスバルの代表車種「インプレッサ」の3代目をベースとして作られたクロスオーバーSUVである。初代の名称は「インプレッサXV」だったが2代目で「スバル・XV」に改名された。

ステラ
「たのしい関係空間」をコンセプトとしたハイトワゴンタイプのステラ。 メインターゲットを女性にし1000名以上のアンケートを実施。 そこから生まれた「乗り心地と広々空間」は多くの女性からの支持を集める。

レガシィツーリングワゴン
レガシィツーリングワゴンは日本を代表するステーションワゴン。 「LEGACYレガシー」とは「後世に受け継がれるもの」の意。 その名の通り1989年~現在にかけて絶えず進化を続け受け継がれている。

プレオプラス
プレオプラスはダイハツのミライースをベースにするOEM車種となっていてミライースはピクシスエポックともOEM供給が行われていて、3姉妹車種となった。月販目標は1,000台として設定している。

インプレッサG4
レガシィの下位モデルの位置づけとして登場し、ヨーロッパなどの市場を狙った世界戦略車の役割を担っている。日本ではインプとしての愛称で呼ばれ、衰えない人気を持ち、発売からフルモデルチェンジまでが長いことでも有名だ!

エクシーガ
「エクシーガ EXIGA」7シーターツーリングミニバンである。 exciting(心躍る)、active(活動的な)の意味が込められており、その名の通りドライバーの心を躍らせアクティブにさせる。

レガシィB4
長きにわたるレガシィシリーズで3代目からセダンタイプをB4として発表した。スポーティーグレードのみの発売としてワゴンタイプのものとは差別化が計られたことや、同型ランカスターはRJCニューカー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

アウトバック
アウトバック「未開の地」を意味するクルマで、レガシィツーリングワゴンをベースに造られたクロスオーバーSUVである。力強いスタイリングと快適な室内空間を実現しておりレジャーはもちろん普段使いでも活躍する。

インプレッサスポーツワゴン
インプレッサシリーズのワゴンタイプのモデル。レガシィの下位モデルの位置づけとして登場し、ヨーロッパなどの市場を狙った世界戦略車の役割を担っている。日本ではインプとしての愛称で呼ばれ、衰えない人気を持ち、発売からフルモデルチェンジまでが長いことでも有名だ!

トレジア
トレジアはトヨタラクティスの姉妹車種となっていて3代目ヴィッツをベースに発売された。トレジアは提携の成果であり、デックスに続き投入され、欧州市場にもジャスティンとして入れ替わりに投入されている。

ルクラ
2008年4月にトヨタ・ダイハツ・スバルの3社による業務提携強化が発表されて、その一環としてエグゼをベースにOEM供給を受け、発表・発売された。同時にミラノOEMのプレオの2代目が発売された。

ディアスワゴン
トヨタグループのトヨタ自動車、並びにダイハツ工業、富士重工業の3社が業務提携を強化することで合意に至り、発売されたモデルの一つ。もともとはスバルサンバーディアスワゴンなどとしたが、4ナンバーとの差別化を図った乗用グレードの販売がされている。

プレオ
スバルから発売されいるプレオは、ヴィヴィオの後継車として軽規格改定と同時に発売された。07年以降は乗用はなくなり商用のみとなり2010年にいったん消滅したが、約3年ぶりにOEM供給を受け再度発売された。

クルマ高価買取 高い査定金額は当たり前。オートスピリットは必要書類確認後、即買取 いたします。 オートスピリットはすぐお支払い オートスピリットは手続きが楽 オートスピリットは全国買取

かんたんネット査定 24時間受付無料 お車の情報とお客様情報をフォームに入力するだけですぐに査定依頼ができます。

  • 1.メーカーを選択

  • 2.車種を選択

  • 3.走行距離を選択